蔵の作品展

平成22年に三木家の公開が始まって以来、今年で8回目となる三木家の『蔵の作品展』。毎年趣味の域を越えた素晴らしい手作りの作品が三木家の米蔵を始め、内蔵・新蔵に並びます。

作品の中には、野菜紙漉作品などの含まれ、今年もこれまでに劣らず素晴らしい作品が三木家を訪れる方を魅了してくれることと思います。

特別企画として

渡部美智子創作人形展 『懐かしい昭和のくらし』-ふるさとの原風景は心のぬくもり-

同時開催として

穴田さんちの夫婦ふたり展 『布遊びと竹細工』

チラシには掲載しておりませんが、手描き友禅染 『岩城紀美子作品展』も展示します。ノスタルジーな秋と三木家『蔵の作品展』をぜひお楽しみください。

蔵の作品展

  • 開催期間:平成29年11月17日(金)~12月4日(月)
  • 公開日:金・土・日・月・祝
  • 公開時間:10:00~16:00(入館は15:30まで)
  • 入館料 一般300円・高大200円・小中100円
  • 姫路市高齢者福祉優待カード・どんぐりカード・障がい者手帳をお持ちの方はご提示ください。減免(無料)対応となります。

特別企画 渡部美智子創作人形展『懐かしい昭和のくらし』

-ふるさとの原風景は心のぬくもり-

粘土と布で作られた渡部美智子さんの作品は、顔のしわ・指の関節など細やかなところまで人を表現した表情豊かな人形です。まるで生きているかのようで、昔のその時の情景がリアルに伝わってきます。渡部さんの作品を通して、ぬくもりのあった昭和の時代そして家族・地域の素晴らしさを思い起こし今一度立ち止まってみませんか。

展示会場:表座敷・玄関座敷

同時開催 穴田さんちの夫婦ふたり展『布遊びと竹細工』

布を使ったパッチワーク風の心あったまる作品で、作者の心が伝わります。生地の色使いや平面な布を立体的に見せるための細工が見事です。作品が納まる額は全てご主人の手作り。
竹で作られたヘリコプター・機関車・車など昔ながらの素朴な竹細工。竹のしなりと柔らかさと細工が見事な調和に目を引く。奥様の布遊び作品を納める額などを作るうちに触発され、昔ながらの竹を使ったおもちゃ作りを始めたと目を細めて話す。その傍らでは奥様が布遊び作品にいそしむ。

作品を通してお二人の心に触れてみては。

展示会場:内蔵

 

同時開催 手描き友禅染 『岩城紀美子作品展』

三木家蔵の作品展では初めての作品展示となる手描き友禅染。

絹布に着物の友禅の染料を使った手描き作品。紙に描かれたものとは違い、やさしい風合いがどこか懐かしく心が和む。

友禅染の染料の基本の色は7色しかなくアレンジして色を増やし、手書きで何度も色を重ねて描いていくことで色の深みが増している。シャツなどは熱処理後、洗濯も可能だとか。一味違った色合いを見てほしい。

展示会場:離座敷

その他、江戸時代の幻の焼き物『林田焼』(寄贈品)の展示もあります。たくさんの方のお越しをお待ちしております。

ふるさとを詠む ~林田・伊勢児童生徒俳句展~(終了しました)

昨年に引き続き、地元にある文化財『林田大庄屋旧三木家住宅』を会場に、林田中学校・林田小学校・伊勢小学校の全児童・生徒が詠んだ俳句を展示します。『ふるさと』を通し、子どもたちが何を感じ何を思っているか感じていただければと思います。

林田では、小学校・中学校を通して子どもたちの心の教育に俳句を活かし取り組んでいます。
自分の想いをぶつけ、心を見つめて、その心を文字に表すことは客観的に自分を見つめ直すいい機会になっているのかも知れません。
自分の目の前にあるものをよく観察し、自分の中で理解し、それを表す言葉を選んで表現することはなかなか難しいものです。

子どもたちの心をいつもとは違った面から知っていただくよい機会の場となることと思います。
また、ご家族の会話のきっかけになればと思っています。

たくさんの方のお越しをお待ちしています。

会  場 林田大庄屋旧三木家住宅 主屋・内蔵
開催期間 平成29年10月20日(金)~平成29年11月6日(月)
公開日  金・土・日・月・祝
公開時間 10:00~16:00(入館は15:30まで)
入館料  一般300円 高大200円 小中100

入館料についての詳細はこちらをご覧ください。

最優秀作品

【小学校低学年の部】

  • たけのこが ぐんぐんのびる 空高く
     ◆伊勢小 2年 三村 祥隆

【小学校中学年の部】

  • コオロギの 深夜のえんそう 夢の中
     ◆林田小 4年 大道 海翔

【小学校高学年の部】

  • 七輪で ニオイ広がる 秋刀魚かな
     ◆林田小 6年 井本 瑛士

【中学校の部】

  • せせらぎの 音に混じりて 蛍まう
     ◆3年 岩佐 玲奈

優秀作品

【小学校低学年の部】

  • かなへびが するするぬける りょうてから
     ◆伊勢小 1年 松尾 優那
  • あきの山 くりがいっぱい おどってる
     ◆伊勢小 2年 光木 千織
  • どんぐりが コロコロおちる かわいいな
     ◆林田小 1年 赤松 瑠奈
  • コスモスが いっぱいさいた つうがくろ
     ◆林田小 2年 児玉 奏

【小学校中学年の部】

  • 半そでに ひんやりつめたい 秋の風
     ◆伊勢小 3年 佐藤 璃空
  • 秋祭り かけ声はげしく もちのため
     ◆伊勢小 4年 中村 迅
  • 空に月 ゆめのくにから プレゼント
     ◆林田小 3年 楠島 龍人
  • 天の川 夜空にりっぱな 星の道
     ◆林田小 4年 増井 健祥

【小学校高学年の部】

  • スズムシの 合唱会は 真夜中に
     ◆伊勢小 5年 田中 菜央
  • 田の上は 秋の夕焼け 赤とんぼ
     ◆伊勢小 6年 松尾 優佳
  • 紅葉で 真っ赤に燃える 秋の山
     ◆伊勢小 6年 矢野 正顕
  • 月光り 山をこえては 人の目に
     ◆林田小 5年 家木 彩花
  • 期待こめ 甘くなれよと 吊るし柿
     ◆林田小 6年 赤松 聖愛

【中学校の部】

  • 風鈴の 音色が似合う 三木家かな
     ◆2年 藤井 悠斗
  • いにしえの 三木家の庭にも 蝉時雨
     ◆2年 松田 優希
  • 風ふいて 波うつものは 稲穂かな
     ◆3年 川元 理紗
  • 因幡路を 蛍いざなう 道しるべ
     ◆3年 成定 花澄

ゆたりん賞

  • 天の川 夜空にりっぱな 星の道
     ◆林田小 4年 増井 健祥
  • 期待こめ 甘くなれよと 吊るし柿
     ◆林田小 6年 赤松 聖愛
  • いにしえの 三木家の庭にも 蝉時雨
     ◆2年 松田 優希
  • 因幡路を 蛍いざなう 道しるべ
     ◆3年 成定 花澄

入賞作品

【小学校低学年の部】

  • かなへびが かさっとうごく くさのなか
     ◆伊勢小 1年 久松 朱翔
  • あかとんぼ みんなでさがす たのしいな
     ◆林田小 1年 大道 偉仁
  • せんぷうき ぐるぐるすると たのしいね
     ◆林田小 1年 金森 優音
  • すごいよね ねがいのかなう ながれぼし
     ◆林田小 1年 嘉ノ海 陽帆
  • おつきさま うさぎがいるよ すごいんだ
     ◆林田小 1年 松ヶ下 美空
  • おちばがね ひらひらおちる すずしいな
     ◆林田小 1年 三木 美咲
  • あきの空 見上げてみると 星いっぱい
     ◆林田小 2年 松尾 彩音
  • かかしさん いっぽんあしで しんどそう
     ◆林田小 2年 矢野 元士

【小学校中学年の部】

  • 行きたいな すずしい秋には ほうぜん寺
     ◆伊勢小 3年 石井 瞭佑
  • ながれ星 ながれる前に ゆめかなう
     ◆林田小 3年 岩田 莉奈
  • いたずらで 月見だんごに ジャム入れる
     ◆林田小 3年 笹井 ゆな
  • かぼちゃやき おなかがいっぱい もうちょっと
     ◆林田小 3年 ドーシー・熊
  • どんぐりは ぼうしをつけて 回ってる
     ◆林田小 3年 中塚 遥
  • 空見上げ 頭に落ちた どんぐりが
     ◆林田小 4年 井戸 彩花
  • 今日の朝 体そう服に ぶどうじる
     ◆林田小 4年 金森 結音
  • 太陽が いちょうかすめ きらきらと
     ◆林田小 4年 川上 三貴

【小学校高学年の部】

  • 夜空見て 願いよかなえ 流れ星
     ◆林田小 5年 大道 俊達
  • 夜長かな まわりが暗く なってくる
     ◆林田小 5年 細野 煌翼
  • 川上の 流れさからう 鮭のむれ
     ◆林田小 5年 松尾 煌希
  • 朝夕に 肌で感じる 秋ちかし
     ◆林田小 6年 足立 華凛
  • みとれてる まどの外側 星月夜
     ◆林田小 6年 牛尾 心来
  • なしを食べ とろうとすると 兄がとる
     ◆林田小 6年 尾ノ井 翔太朗

【中学校の部】

  • ホトトギス 綺麗な囀り 眺め入る
     ◆1年 稲葉 風香
  • 林田に 四季を伝える 山の色
     ◆1年 田中 崚太
  • 佐見川の 水面で涼とる 昼さがり
     ◆1年 矢野 円惟
  • アユ泳ぐ 部活帰りの 橋の下
     ◆2年 高橋 尚子
  • 金魚すくい 私も金魚も 必死です
     ◆3年 大西 椋粋
  • 林田町 夜の花火に 笑顔咲く
     ◆3年 洪水 結衣
  • 夏空に 星雲輝く 田んぼ道
     ◆3年 花畑 百恵

三木家観月会(終了しました)

中秋の名月の月明かりの中、重厚な茅葺きの日本家屋“林田大庄屋旧三木家住宅”で開催される『三木家観月会』。昨年の観月会では、月あかりコンサートや時間の流れごとに変わる手作り灯りをお楽しみいただきました。

今年も地域の方々のご協力で素晴らしい平安絵巻を模した手作りの行灯や陶製の灯りが寄せられています。見に来られた方々の心を魅了してくれることと思います。

今年の月あかりコンサートは、ちょっと趣向を変えて、ソプラノ&ピアノによるデュオの調べと地元でご活躍されておられる湊社中による箏曲演奏とのコラボもあります。生のステージを間近に感じて頂きながら三木家ならではの観月会の一時をお過ごしください。お待ちしております。

  • 会場 林田大庄屋旧三木家住宅
  • 開催日時 平成29年10月4日(水)17:30~20:00
    ※水曜日は休館日にあたりますが、夜間 17:30~20:00に限りご入館いただけます。
    開門時間 17:30
  • 入館料 無料
    ※夜間イベントのため、主屋周辺の見学のみとなっております。
  • ちらしの印刷はこちちらから(PDF)

ソプラノ&ピアノによるデュオの調べ -月あかりにのせて-

江戸時代、林田藩主が三木家に来た時にお通ししていた表座敷に客席を設け、庭園側の芝の上を舞台とした月あかりコンサートを開催します。
ソプラノ&ピアノによるデュオの調べと日本古来の楽器「箏」の音色、幻想的な月あかりの舞台が醸し出す一時をお楽しみください。

  • 開演時間 18:00~19:20
  • 会場 表座敷・庭園
ソプラノ 德島理香子

プロフィール
  • 大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース卒業。同大学院修了。
  • 2016年 德島理香子ファーストアルバム「心の月」をCDリリース。
  • 「気軽にクラシックを!」をモットーに、ソロリサイタル、各種イベント、学校教育機関等、数多く演奏する。
  • また近年、ボイストレーナー、音楽ナレーター、演奏会司会など、声を使っての活躍の場を広げている。
  • 故井上久栄、上畠力、玉井裕子、井上敏典の各氏に師事。
  • 神戸音楽家協会会員。
  • 2017年12月2日 イーグレ姫路 アートホールにて深澤 倫子氏とのソプラノリサイタル 「にじいろの詩歌(うた)Vol.2」開催予定
ピアノ(キーボード) 深澤 倫子

プロフィール
  • 専門は、現代音楽の作曲。
  • 音大卒業後、渡仏。
  • パリ・エコール・ノルマル音楽院とアヌシー地方音楽院の各作曲クラス修了。
  • 現在は、作曲活動のほか、フランス語講師、ピアノ演奏もする。
  • 今年11月カナダで、弦楽オーケストラ作品「レンミンカイネンの母」上演予定。
箏曲演奏 湊社中(林田町在住)


おもてなし

中庭にお茶席を設けます。お月さまを見ながらのご歓談をごゆっくりお楽しみください。

Image3

  • 無料 但し、先着200名様限り(大人の方のみのご利用とさせていただきます。)
  • 三木家ご入館の際に、お一人につき一枚のお抹茶券をお渡しいたします。
  • お抹茶コーナーにてお引換の上ご利用ください。
  • お抹茶は十分に準備しておりますが、お早めにご利用ください。
  • 小さなお子様用に、おやつの小袋をご用意しております。受付にてお申し出ください。ただし、お抹茶コーナーのみでのご利用と限らせていただきます。

手作り灯り

様々な手作りの灯りが三木家を照らします。今年は平安絵巻を模した行灯が見事です。時間を追うごとに変わる「手作りの灯り」と「月明かり」とのコラボをお楽しみください。

 

平成28年度観月会の様子

 

公開7周年記念 特別企画 荒木富佐子人形展『陽だまりの想い』(終了しました)

平成22年7月2日より一般公開が始まった林田大庄屋旧三木家住宅。今年公開7周年を迎えます。その記念企画として、人形作家の荒木富佐子さんが見てきた、体験してこられた昭和の農村風景、何気ない日常の暮らしなどをモチーフに和紙を重ね合わせて作られている創作和紙人形展『陽だまりの想い』を開催いたします。見る人すべてを心あたたかく包み、笑顔にしてくれます。かつての素朴な日本の暮らしを思い起こし、そんな暮らしがあったことを次の世代へ語り継いでいただけたらと思っています。

また、林田大庄屋旧三木家住宅公開記念日にあたる7月2日(日)は一日無料開放の予定です。荒木富佐子さんの人形展と江戸時代の昔の暮らしを体感してください。お待ちしています。

 

 

同時開催 林田七夕祭り

三木家の軒下などに昔ながらの七夕飾りをします。お楽しみに。

開催概要

  • 開催期間:平成29年6月30日(金)~7月24日(月)
  • 開催場所:林田大庄屋旧三木家住宅 主屋
  • 6月30日(金) オープニング 9:30~
    湊社中 箏曲演奏
    林田こども園園児の歌
    荒木さんと作品を囲んで
    裏庭にてお抹茶席を設けております。
  • 7月2日(金) 三木家公開記念日
    1日無料開放(10:00~16:00)
    先着100名様に記念品プレゼント

 

 

端午の節句展『五月人形と武者のぼり』(終了しました)

五節句の一つ『端午の節句』。五節句の『節』とは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。古来中国では、奇数(陽)が重なると良くない事が起こるとされ、それを避けるための行事が行われていたことから、暦の中で奇数の重なる日を取り出して、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的から始まったそうです。

この中国の暦法と、日本の農耕を行う人々の風習が合わさり、定められた日に宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになり「節句」といわれるようになったそうです。

この季節ちょうど菖蒲の時期と重なります。強い香りで厄を祓うとされる菖蒲やよもぎを軒に吊るしたり、菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。

時代の流れが、武家社会になるにつれ、「菖蒲」が武を重んじる「尚武」と音が同じであることから、江戸時代以降は男の子の節句とされ、身を守る「鎧・兜」を飾り立身出世を願いお祝いをするようになりました。

季節行事を開催している三木家でも、端午の節句展を開催します。五月人形や長い物で10メートルを超える勇者が描かれた武者のぼりを展示します。また、日本での習わし通り、5月5日(金・祝)には三木家入口の軒に菖蒲を飾ります。ぜひ厄払いをして下さい。

  • 開催日 平成29年4月21日(金)~平成29年5月8日(月)
  • 公開日 金・土・日・月・祝
  • 公開時間 10:00~16:00(入館は15:30まで)

こどもの日お楽しみイベント(終了しました)

文化財ふれあい企画として林田大庄屋旧三木家住宅にて、『こどもの日お楽しみイベント』を開催します。

大人から小さなこどもさんにも江戸時代の文化財にふれあい、昔の暮らしを体感していただければと思っています。

お子様連れの保護者様へ

平成29年5月5日(金・祝)のこどもの日に限り、お子様連れの保護者様も無料にてご入館いただけます。
なお、どんぐりカードをお持ちの園児・児童・生徒は、ご持参下さいますようお願いいたします。

ギッズよさこい

小さなかわいいお友達も鳴子を持って頑張っている『いちえもん』による「よさこい踊り」です。みんなで応援してくださいね。
  • 時間 10:15~10:45
  • 場所 三木家主屋入口前 中庭
  • 雨天の場合は、林田公民館西の『林田藩 藩校 敬業館』で開催します。

ミニSLが三木家にやってくる

Image1

かわいい機関車「ミニSL」が三木家にやってきます。遊びに来てね。

注意 小さな子どもさんは、お父さんお母さんと一緒に乗ってね。

  • 時間 10:45~12:00
  • 場所 三木家 米蔵の周辺(三木家敷地内 北)
  • 雨天の場合は中止になる場合があります。

先着100名様には柏餅一つプレゼント

こどもの日の5月5日(金・祝)に限り、先着100名様の入館者様には、手作りの美味しい柏餅をお一つプレゼント。頬っぺたが落ちるかもしれないのでご注意ください。(笑)

※柏餅は、姫路市はやしだ交流センターゆたりんに併設の農産物直売所特製です。

小さなお子様(小学生以下)にはお菓子のプレゼントがあります。かわいいこいのぼりの型をした箱に入ってますよ。お楽しみに

※大人の柏餅・小さなお子様へのプレゼントは、それぞれ先着100名様限りです。

1202811

柏餅に使われている柏の木は、神が宿る木とされ、新芽がでて延びるまでは古い葉が落ちないので、子孫繁栄の象徴とされ縁起を担いで食すようになったそうです。

菖蒲で厄払い

端午の節句の当日、「5月5日こどもの日」には、三木家主屋入口の軒に菖蒲を飾ります。邪気を祓い(はらい)、無病息災を願う伝統行事です。今ではあまり見かけなくなりましたが、昔ながらの行事を体感していただき、ぜひご健康で過ごせますように厄払いください。

林田ひな祭り(終了しました)

林田大庄屋旧三木家住宅の公開が始まって以来、今年で7回目となる『林田ひな祭り』。一番古い物は江戸時代中期の紙雛をはじめ、平成までの時代を越えた、様々なお雛様を展示します。また、雛飾り、雛道具やお雛様にまつわる人形なども展示します。お雛さまの歴史や着物・お顔など時代の移り変わりなどが伺えます。どうぞお越しください。お待ちしています。

同時開催 ありがとう 命ほっこり明かり展

「ありがとう 命ほっこり明かり展」は、阪神、淡路大震災から学んだ命の大切さが原点です。   
この明かり展は、元揖保川中学校美術教諭の山本真由美さんが発案され、2007年からグループで毎年制作されています。山本さんの実妹も神戸で被災、『一瞬が生死を分けた非情さ目の当たりにし、命の大切さを痛感した』そうです。その後の追悼行事で被災地に燈された竹灯籠の光に癒しや生きる希望を感じたと言います。

今年は一つのグループは切り絵の手法を取り入れ竹取物語に挑戦されたそうです。また、他のグループでもそれぞれに明かりに思いを寄せて作りました。明かりは人の心をほっこりと和ませ、見ているだけで心が温まります。「明かり」の放つ温もりを共有して『命』を感じて頂ければ幸いです。

  • 開催日 平成28年2月19日(金)~平成28年3月14日(月)
  • 公開日 金・土・日・月
  • 公開時間 10:00~16:00(入館は15:30まで)
  • 入館料の詳細はこちらから

林田焼と河野鐵兜展&蔵の作品展(終了しました)

hayashidayaki

ーまぼろしの焼き物ー『林田焼』と林田に深く関わるー幕末の漢詩人ー『河野鐵兜展』を開催いたします。

実は今年の6月に姫路市立書写の里 美術工芸館でも開催されました。多くの方が来館されたと伺っております。姫路市林田町にとって礎とも言えるこの二つをまだまだ多くの人に知ってもらいたい、見て頂きたいという願いから『林田敬業の会』のお力添えをいただき、林田焼が生まれたこの林田の郷にある林田大庄屋旧三木家住宅で開催することになりました。350年経った今も輝きを放つ『林田焼』と林田藩 藩校 敬業館の教授を務め、志士・学者をここ林田から輩出した郷土の偉人『河野鐵兜展』をご覧ください。

林田焼

hayasidayaki03

林田焼は、江戸時代前期頃の焼き物で、西播磨地方においては一番古くから焼かれていたとされています。京都で活躍した野々村仁清が林田に来訪し指導したとの伝説があります。

林田藩三代藩主 建部政宇(たてべ まさのき 1642~1716)が地元産業奨励のため姫路市林田町八幡宇釜河内東山山麓と上構鴨池(西池)の西北丘陵地の二ヶ所に窯を築き製陶したと伝えられています。

赤字で陶印がある半陶半磁の色鮮やかで高雅な作品は胎土や釉調が京焼きと似かよってはいますが、林田焼は貫入を意識したつくりとなっています。文献も非常に乏しく、藩窯として焼成された期間も数十年と短く、藩の献上品と使われていたこともあり現存する数も限られており、まさにまぼろしの陶器と言われています。

 

hayasidayaki02

 

hayashidayaki05

河野鐵兜

kouno02 

郷土の偉人である『河野鐵兜先生』は、文政8年(1825)に姫路市網干余子浜の医を生業とする家に生まれました。5歳の時から父について漢籍を学び、15歳のとき一夜にして漢詩を100編つくりあげ、神童とよばれるなど、儒学、国学、漢詩、和歌、薬学などに秀で、特に「芳野」の詩は、全国的にも知られています。しばしば姫路の本屋に立ち寄り、立ち読みしては内容を覚えてしまって本を買わないので、店主は鐵兜先生の顔を見ると新刊書を隠したという逸話も残っています。

嘉永4年(1851)、27歳のときに、林田藩主建部政和により、林田藩 藩校「敬業館」の教授として迎えられ、安政元年(1854)からは林田に居を移しました。そして43歳で没し、今年は150回忌にあたります。

林田の自然を詠んだ詩も多く残され、ことに河野鐵兜先生を葬った道林寺あたりの四季折々の情景を好み、よく訪れていました。この墓は後に追分の峠の墓地に改葬されました。

kouno01

kouno01

公開パネルディスカッション『河野鐵兜ってどんな人』

パネラーに、河野鐵兜先生を生んだ姫路市網干の歴史史談会代表の増田政利氏・林田敬業の会そして林田を代表して段 武夫氏・教育委員会文化財課の   岡坂直巳氏・コーディネーターに同じく教育委員会文化財課の宇那木隆司氏をお迎えし、河野鐵兜先生のことを語って頂きます。林田町のイメージキャラクターにもなっている河野鐵兜先生のどんなお話が聞けるのかお楽しみください。

  • 開催日:平成28年11月19日(日)10:30~11:30
  • 会 場:林田大庄屋旧三木家住宅
  • 参加費:無料

蔵の作品展

平成22年に三木家の公開が始まって以来、今年で7回目となる三木家蔵の作品展。毎年趣味の域を越えた『匠』を感じる素晴らしい手作りの作品が三木家の米蔵に並びます。今年もこれまでに劣らず素晴らしい作品が三木家を訪れる方を魅了してくれることと思います。

今年は江戸打ちひもの展示とその作者の斎藤暁美さんによる手作り教室も開催します。ご参加をお待ちしております。

昨年度 蔵の作品展の作品

kura02

kura03

ー手作り教室ー 事前申込必要

花結び・小袱紗作品例

『花結び』体験 11月23日(水・祝)13:00~15:00
『小袱紗』作り 11月27日(日)13:00~15:00

  • 場所:林田大庄屋旧三木家住宅
  • 講師:斎藤暁美
  • 参加費:500円(材料費込み)
  • 定員:各日10名(事前申込必要 定員になり次第締切)
  • 申込先:林田大庄屋旧三木家住宅管理事務所
    TEL079-261-2338

 

ふるさとを詠む ~林田・伊勢児童生徒俳句展~(終了しました)

haikuten

昨年に引き続き、地元にある文化財『林田大庄屋旧三木家住宅』を会場に、林田中学校・林田小学校・伊勢小学校の全児童・生徒が詠んだ俳句を展示します。『ふるさとを想う心』を感じていただければと思います。

林田では、小学校・中学校を通して子どもたちの心の教育に俳句を活かし取り組んでいます。
自分の想いをぶつけ、心を見つめて、その心を文字に表すことは客観的に自分を見つめ直すいい機会になっているのかも知れません。
自分の目の前にあるものをよく観察し、自分の中で理解し、それを表す言葉を選んで表現することはなかなか難しいものです。

子どもたちが『今、何を見つめ』、『何を感じているのか』、知っていただくよい機会の場となることと思います。
また、ご家族の会話のきっかけになればと思っています。

たくさんの方のお越しをお待ちしています。

 

会  場 林田大庄屋旧三木家住宅 主屋・内蔵
開催期間 平成28年10月21日(金)~平成28年11月7日(月)
公開日  金・土・日・月・祝
公開時間 10:00~16:00(入館は15:30まで)
入館料  一般300円 高大200円 小中100

入館料についての詳細はこちらをご覧ください。

 

三木家観月会(終了しました)

中秋の名月の月明かりの中、重厚な茅葺きの日本家屋“林田大庄屋旧三木家住宅”で開催される『三木家観月会』。

昨年の「篠笛と尺八」の月あかりコンサートには多くの方にお越しいただき、見事な月明かりの中での開催となりました。

今年は、更に箏曲演奏を加え開催いたします。三木家ならではの観月会にぜひお越しください。お待ちしております。

kangetu2016003

  • 会場 林田大庄屋旧三木家住宅
  • 開催日時 平成28年9月15日(木)18:00~20:00
    ※木曜日は休館日にあたりますが、夜間 18:00~20:00に限りご入館いただけます。
    開門時間 18:00
  • 入館料 無料
    ※夜間イベントにより通常の三木家見学が出来ません。観月会に限り入館料は無料とさせていただきます。

月あかりコンサート

江戸時代、林田藩主が三木家に来た時にお通ししていた表座敷に客席を設け、庭園側の芝の上を舞台とした月あかりコンサートを開催します。
日本古来の楽器と幻想的な月あかりの舞台をお楽しみください。

開催時間 18:20~19:20

第一部 篠笛
  • 篠笛演奏 矢野博愛(林田町在住)
  • 矢野博愛氏プロフィール
    ・「高野巧(元鬼太太鼓座)篠笛教室」(55歳~60歳)
    ・「太鼓集団 鯱」(60歳~62歳)
    ・「芸能集団 天魁」(62歳~現在に至る)
    ・「阿波踊り 城東連」(64歳~現在に至る)
第二部 筝曲と尺八の夕べ
  • 箏曲演奏 湊社中(林田町在住)
  • 尺八演奏 矢野俊朗(林田町在住)
         松本 学
         原田頑山(特別出演)

原田頑山氏プロフィール
・1970年 佐々木典山師に入門
・1985年 都山流本曲全国大会にて銅賞
・2005年 竹琳軒大師範昇格 
・2005年 姫路市芸術文化賞「文化賞」受賞 
・2008・2009・2010年 書写山圓教寺において新年オープニングコンサート出演 
・2010年 姫路市観月会  ピアノとの共演 
・2011年 たつのオータムフェスティバル
・2012年  姫路城夜桜花あかりコンサート出演 
※その他たくさんのコンサート・他楽器とのコラボコンサートや朗読会などにも出演されています。

 

おもてなし

中庭にお茶席を設けます。お月さまを見ながらのご歓談をごゆっくりお楽しみください。

Image3

  • お抹茶とお月見団子
    先着200名様限り(大人の方のみのご利用とさせていただきます。) 
    三木家ご入館の際に、お一人につき一枚 お抹茶券をお渡しいたします。
    お抹茶コーナーにてお引換の上ご利用くださいませ。
    お抹茶は十分に準備しておりますが、お早めにご利用くださいませ。
    小さなお子様用に、おやつの小袋をご用意しております。受付にてお申し出ください。ただし、お抹茶コーナーのみでのご利用と限らせていただきます。
  • 手作り灯り
    様々な手作りの灯りが三木家を照らします。時間を追うごとに変わる「手作りの灯り」と「月明かり」とのコラボをお楽しみください。

平成27年度観月会

Img_5918