震災によせて 『ありがとう』命ほっこり明かり展

Img_8740-1

林田ひな祭りと同時開催した、【 震災によせて 『ありがとう』命ほっこり明かり展 】では、桜をモチーフとした明かりや色とりどりに綺麗にラッピングされた明かり、そしてステンドグラスが心を和ませてくれました。それぞれ一つ一つをじっくり見ていただけるようにまた、三木家の蔵に合うよう和風に仕上げ展示しました。

『ありがとう』命ほっこり明かり展は阪神淡路大震災から学んだ命の大切さが原点です。元揖保川中学校美術教諭の山本真由美さんが発案され、2007年からグループで毎年制作されています。山本さんの実妹も神戸で被災、『一瞬が生死を分けた非情さ目の当たりにし、命の大切さを痛感した』そうです。その後の追悼行事で被災地に燈された竹灯籠の光に癒しや生きる希望を感じたと言います。

普段はうす暗い蔵ですが、シェードのここちよい明かりに包まれ命の大切さを感じることが出来ました。もう一度写真でご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加